デートがぶち壊し その2

Uncategorized
スポンサーリンク

前回のあらすじ

婚活パーティーで知り合った

モモさん(29)と初デート

神戸どうぶつ王国を後にした私たち、

モモさんが

「六甲山にあるオルゴールミュージアムに行ってみたい」



というので行ってみることに、、、







15時くらいに到着し

入館料1人1,050円も払い
(2人で2,100円私が払いました)

入館しようとすると

店員「手の甲にスタンプを押させてください」

は?

私「なぜですか?」

店員「一度出られた時に確認のためです。」

私「チケットの半券でいいじゃないですか。」

店員「すみません、決まりになってまして」

こいつもマニュアル人間か・・・

と思い、

「外には出ませんので結構です!!」

とスタンプを拒否して入館しました。


そしてこのオルゴールミュージアム


何にもない!!


ただただ古いオルゴールが展示されているだけで

音は聞けない、触らないでくださいの表示

古いオルゴールを眺めるだけの館です。

15分で終わってしまいました。

店員に

私「他に何かないのでしょうか?」

と聞くとシアターがあり実際にオルゴールが聞けるそうなので

私「何時からですか?」

店員「17時からです。」

は?

今、15時15分ですよ


こんな所であと1時間45分何をしろと、、、



店員「次の回は予約がいっぱいでして」


モモさんも

「さすがに待てませんね」

と1人1,050円も払って15分だけの滞在。


私はフロントで

何とか16時のシアターに入れてくれ!!

と交渉しましたがすみませんの一点張り。



モモさんが見ているので私もさらに男を見せようと、



「だったらチケット代返金してもらえますか!?」



と強気にいきましたがさすがに無理でした。






駐車場代500円も取られ

15分の滞在で2,500円の支出。





モモさんも、


「すみません、私が行きたいって言ったばっかりに」



と平謝り。





私「大丈夫ですよ。景色でも見に行きましょう。」





と車ですぐの六甲山展望台へ向かいました。





もちろん夜景ではなかったですが景色はとても綺麗で




良い感じになったところで





そっと彼女の肩を抱こうとした瞬間、






「すみません、そういうのはちょっと」






私の計算では90%成功すると思っていたのですが、


先程のオルゴールミュージアムでテンションが下がったせいでしょう。



彼女は拒んでしまったのです。


私の誤算でもありました。





私「いやぁ、ごめんごめんつい」



その場はそれで終わりました。




六甲山を降りて

晩ごはんはどこにしようか迷っていると、




モモさん「今日はもう帰ります」





は?





この人は心から反省などしていない、、、


自分がオルゴールミュージアムに行きたいと言ったせいで

こんなことになってしまったのに


勝手にテンションが下がり帰るという始末、、、





しかし、こういう時は一度引いておいた方が得策です。






私「そうですね、また今度ごはん行きましょう」






私は彼女を駅まで送り


車の中で最後にハグをしようとすると



またもや拒絶、、、





もうこの人はダメだ、、、




よく見たらスタイルも4点くらいだし


好みではありませんでした。





1日無駄な時間とお金を使ってしまった。







帰りにマクドナルドで月見バーガーを買って


家で食べました。




晩ごはん代が安くついて逆に良かったです。






それでは



マナピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました